頭痛 原因 筋収縮性頭痛 悩み ストレス

筋収縮性頭痛の原因は、ストレスと筋肉の収縮による?

筋収縮性頭痛は、さまざまな精神的ストレス、あるいは身体的ストレスを背景に、頭痛や首のまわりの筋肉が持続的に収縮し、痛みの起こる頭痛です。
それゆえ、治療の基本は、筋収縮をもたらすストレスの緩和を図ることに要約されます。

 

 

筋収縮性頭痛では、精神的な緊張のほか、疲労、不眠などが悪化の最大の原因となりますので、このような誘因をさけることも有効な対策法です。
筋収縮性頭痛は、発作性の頭痛と異なり、長期にわたって持続するタイプのものですから、常に心と身体の双方のくつろぎが要求されます。

 

 

身体的にも、いろいろな問題がないか調べることが必要です。たとえば、眼の疲れがあれば、眼科的な検査を受け、そこで万一屈折異常が見つかれば
適切な眼鏡による矯正が必要となります。また普段から肩や首筋のこりやすい事務職の人は、姿勢が正しいかどうか検討し、身長に合った椅子を考えなければいけません。

 

 

理学療法として、緊張して硬くなった筋肉をほぐし、血行をよくするために、マッサージ、指圧などを行うことも有効です。
筋収縮時には、血流の障害をおこしていますから、入浴したり患部を温めてやると血液の循環がよくなり、痛みも和らぎます。

 

 

適量の飲酒も、精神と身体のくつろぎには有効です。いつも頭が重く苦しいけれど、晩酌しているときは、すっかり忘れるという人も多くいます。
休日には、適度の運動を行ったり、リクレーションなどストレス解消を目的とした環境づくりを心がけることが何より大切なことです。

 

 

スポンサーリンク

筋収縮性頭痛関連ページ

慢性頭痛「片頭痛」
片頭痛は、慢性頭痛のなかではもっとも特徴的な頭痛で、片頭痛とはいうものの、頭痛が、片一方のみに起こるものは、全体の約60%ほどで、残りの40%は両側性に痛むものです。